苦手なアイコンタクトの解決方法

LINEで送る
Pocket

アイコンタクト

誰かとコミュニケーションをとる上で「アイコンタクト」はとても重要です。

目は口ほどにものをいうといいますが、確かに目で表情一つで無意識のうちに相手を拒んだり拒絶していたり、逆に興味を持っているなど、目の動きはさまざまな感情を表しているのです。

初対面の相手だからこそ、ちゃんと目をみて話さないと気持ちを伝える事も出来ませんよね。

日本人は感情の表現が苦手な人が多い理由とは?

アイコンタクト3特に日本人は、相手と目を合わせて話すのが苦手だと言われています。

特に女性よりも男性のほうが「アイコンタクト」が苦手な人が多い傾向にあります。

感情を表現するのが苦手な日本人らしいといえばそれまでなのですが、誰でも一度は「ちゃんと目をみて話そうね」「目を見て挨拶しようね」と言われた経験があるのではないでしょうか?

しかし、頭ではちゃんとわかっていてもそれを実践するのがなかなか難しいのです。

接客もそうですが、お互いスタッフ同士会話をする時もこのちゃんと目を見て話すことができておらず、意思の疎通ができていないこともあるのです。

目を合わすということは「相手を受け入れている・理解している」といった気持ちのあらわれになります。

意思の疎通が出来ていないとお店や会社の中に雰囲気や効率が良くなるはずもありません。

「アイコンタクト」の重要性とは?

aikonntakuto 2「アイコンタクト」のポイントは、聴き手側にまわるときは相手の目をできるだけみるようにしましょう。

何となく苦手だなと思う人も、全然目を合わせないと、「この人話しを聞いていないな」と勘違いされてしまうこともあります。

1分会話をしたとして32秒間目を合わせていればこの人はちゃんと話を聞いてくれていると思ってくれますので、最初は苦手だなと思っても32秒間を目安に行うようにしましょう。

また「アイコンタクト」の場合、目の中心である黒目を見てしまうと相手に威圧感を与えてしまうことになります。ですので、目を合わすポイントとしては、両目や鼻筋の上の部分にあたる二等辺三角形の部分を見つめるようにすると、相手にも心地よさを感じてもらえるようになります。

逆にそれ以上に凝視するようになると、相手からすると落ち着かなくなってしまい話に集中できなくなってしまうこともあります。

ちょっと長い時間見つめ過ぎたなと思ったら適度にコップなどに目線を外してみたり調整が必要です。

それだけで相手からは「アイコンタクト」がちゃんとできていると思ってもらえるはずです。

 

誰かと仲良くなりたい!交流を持ちたいと思うときはちゃんと目を合わせて「アイコンタクト」を行うようにしましょう。

いまいち感情を伝えるのが苦手な人でも、この方法を用いればちゃんと伝わるようになるでしょう。

また、お客様がアイコンタクトに対して嫌だなという反応を示したときは無理に行わないこと。

会話だけではなく相手に気持ちや感情を伝える方法はたくさんあるのです。

 

説明会について 費用 

なお、㈳社会人サークル協会のサポートの考え方についてはこちらのページをご覧ください。

★最後に一言★

普段からもアイコンタクトを意識してなれるようにしてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket