接客向きの女性の為のメイク入門

LINEで送る
Pocket

メイク

女性の場合、どんなに素敵な接客ができたとしても笑顔が印象的な人だとしても、特に同性になると相手のメイクにも気がついてしまうもの。

メイクや清潔感などの身だしなみが、人として当たり前のことができていない人に注意されたり、話しかけられたりしても購入する気持ちになれるわけがないのです。

デパートの化粧品コーナー店員さんから学ぶ身だしなみ

メイク2

あなたがお買い物に行った時、デパートの化粧品コーナーの店員さんとお話をしていて、不快に感じたことはありますか?

話しかけ方だったり、声のトーンで合わないと感じることはあるかもしれませんが、外見で不快に感じることはほとんどないはずです。

デパートの化粧品コーナーの女性の場合、お客様に不快感を与えないように最新の注意をはらっています。

例えば、普段はタバコを吸う人だっていざ店頭に立つ時はタバコの匂いがしないように洋服や髪にも、もちろん口臭にも気をつけています。近くでお話をする時に、タバコ臭いと、特に吸わない人にとっては不快感でしかありません。そんな人にメイクをされると思うと思わず「やめときます」なんて断ってしまいますよね。

こういった外見へのこだわりはプロ意識が強い人ほどできているものですが、マニュアルになっていなかったり意識が低いスタッフはストレス発散の一部であるタバコに対してそんな気持ちを持つことすらありません。

接客のプロというのは、相手の立場になって考え、行動することが、自然にできる人のことをいいます。

接客向きのメイクを学んで取り入れよう

メイク3

また、お客様の前ですっぴんで出るなんて言語道断です。
大人としてのマナーでもあるメイクは適度に美しく行うのが接客の基本です。

・ファンデーションは素肌感を出すイメージで。
厚塗りだと顔色が悪く見えたり威圧感を与えてしまいます。

・アイシャドーはあくまでも自然なもので。色の濃いものも可愛いのですが、
接客の場合は自然に柔らかい印象をつくりだすブラウンがおすすめ。

・アイラインはあくまでもさりげなくを意識して、ブラウン系だと目元が優しい印象をつくりだせます。マスカラもロングタイプでだまにならないようにブラシを入れるなどの工夫を施しましょう。

・アイブロウは、髪の色と同じものを選ぶのがベスト。
明るすぎるとギャルっぽい印象をつくりだしてしまいます。
眉毛はとても重要なパーツですので必ず描くようにしてくださいね。

・リップは明るめの色を取り入れるようにしましょう。
真っ赤な口紅は接客には向きませんので自然な色味で。
自分に合うリップがわからない人は人差し指を裏側にして親指で軽く抑えてみてください。人差し指の先が赤っぽくなりますよね?その色があなたの唇に合う色になります。

・チークは笑った時に頬骨の一番高い場所に入れるようにしましょう。
顔色を明るい印象にみせてくれます。

このように接客にはメイクのちょっとした工夫でお客様からの印象をつくりだせます。

外見はとても重要なものです。

あなたのメイクは接客向きのメイクになっていますか?

10-1 10-2 10-3

説明会

 費用

★最後に一言★

男性も清潔感のある服装など心がけましょう。

LINEで送る
Pocket