常連のお客様を増やす為に大事な事

LINEで送る
Pocket

常連客

常連客への特別扱いの大切さ

arigatoお買い物に訪れるお客様や、お店に訪れるお客様で何度も訪れるリピーターの方はいませんか?

そんな何度も脚を運んでくれる特別なお客様にあなたは特別感を伝えることが出来ていますか?

お客様にとって「あなたは特別で大切なお客様です」という気持ちを伝えるととても喜ばれます。

あなたが逆の立場で何度か訪れたことがあるお店があるとします。

あなたの顔を覚えていてくれて、「いつもありがとうございます」の一言で何だか嬉しい気持ちになるものです。

「あなたは特別なお客様です」といった表現があるだけで、そのお店はそのお客様にとって特別な1店に早変わりします。

スタッフ全員に常連客を覚えさせる方法

ノートとはいっても、スタッフ全員に覚えてもらうことは簡単なことではありません。

まずは、顧客管理ノートを作って欲しいのです。

例えば、そのお客様からお電話を頂いたらどのスタッフがでても、「いつもありがとうございます!」と伝えられるようにするとか、お客様の特徴や前回購入してもらったものを書いておくといいですよね。

飲食店ならお客様の好みや前回のコースなどもすべてが集客に繋がるツールになります。

「前回購入していただいた○○~」

「お久しぶりですね、今の新作は…」

などと、あなたを知っていますというアピールは特別感を引き出す上でとてもたいせつです。

ポイントカードからVIPカードの発行でさらに来店を促してみましょう

ポイントカード他にもポイントカードはわかりやすい例で、お店に来たばかりの時は「初回特典」や「お友達特典カード」などで再度来店を促すカードを作ります。

何度か訪れてもらえるようになればメンバーズカードを作り他のお店に流れないようにサイクルをつくり出すカードをお渡しします。

最後に「VIPカード」をお渡しします。VIP優待として、例えば毎回20%OFFとちょっとした記載があるだけでお客様側からすると、大切なお客様として見てもらえていると感じるのです。

こういったポイントカードを忘れてしまった時も、〇〇様は特別な方ですので次回合算させていただきますね。などと柔軟な対応が出来るようにしておきましょう。

手紙やメールも名前を書く事を忘れずに

名前記入また、季節のダイレクトメールなどのお手紙を書く時に「特別な○○様」と名前を書くようにしてください。

人は名前が書いてあるだけで当事者意識が湧くものです。自分は特別なお客様なのだと思えば嫌な気持ちになる人はいませんよね。

人は自分の為にしてくれていると思うと誰でも嬉しくなります。

一度そう思って頂ければそのお客様はそう簡単に離れていくことはありません。

接客において何をしたら喜んでもらえるのかを知るのはなかなか難しいものです。

では、どうしたらいいのか?実はとても簡単なことです。

まとめ

あなたが他のお店に買い物や食事に訪れた時にしてもらって嬉しかったことを思い出してください。

誰でも1つはあるはずです。その気持ちを接客で活かせばいいのです。

新規のお客を獲得することも大切ですが、何度も脚を運んでくれるリピートに繋がらなければ意味がありません。

あなたにとってただのお客様のうちの一人でも、相手は目的をもってお店を訪れているので、手を抜いた接客をすればそれはお店の印象になることを忘れないでくださいね。

一つ一つの接客があってこそ繁盛店は作られます。


費用

 

 

 


★最後に一言★

自分が人からされて幸せだった事をお客様に体験していただく。

それが成功する為には一番大事な事ではないでしょうか?

LINEで送る
Pocket