【起業する前に押さえておくべき事⑤】目標を高く設定する事の大切さ

LINEで送る
Pocket

目標

うまく人の目標はすべて基準が高い

成功法則4起業してどんどん成長していく経営者や会社があります。その一方で、停滞している会社や今一つ伸び悩んでいる経営者もいます。もちろん、営業マーケティング等の経営手法に問題がある経営者もいれば、そうでない経営者もいます。

ただ、うまくいっている経営者はそれだけではありません。根本的に意識の根底に違いがあるのです。

それは、自ら定めた基準の高さです。こんな話を聞いたことはないでしょうか?

「私はあなたの年収を当てることができます。自分の親しい知人や友人など5人を思い浮かべて下さい。そしてその5人おおよその年収を教えて下さい。そうです。その5人の年収の平均があなたの年収とほぼ同じはずです。」

うまくいっている人の多くは、周りにいる人の基準が、全てにおいてとても高いのです。

つまり、まわりの高い基準がどんどん自分を押し上げていき、そして何それに近づいていくのです。それは、無意識のうちに思考や行動が似てくるからです。

はじめのうちは、自分が惨めな思いをするということで、当然のことながら高い基準グループにいると居心地が悪いはずです。ただ、そこから吸収できるものは計り知れません。

プライベートで安い居酒屋に行ってませんか?

成功法則2例えば、プライベートで食事をするときのお店選びでも見えない基準が存在しています。

見えない基準は、自分で選んでいるようでいて、無意識のうちに自分の置かれている周りの環境によって、選定・構築されていくのです。

比較的センスのいいお店を選ぶ人や味にこだわる人などの集団に慣れ親しんでいると何の抵抗もなくセンスのいいお店を探すようになります。

その一方で、いつもチェーン店のような安い居酒屋ばかりで充足してしまう集団に慣れ親しんでいると、どんなイベントでもいつもの居酒屋の延長でお店を選ぶようになってしまいます。

居心地の悪い場所、それが人を成長させる

うまくいく方法1もし、無意識にいつも決められた居心地のいい行動しか取れないようになってしまっているのであれば危険信号です。

仕事でも同じです。一年間の目標を前年に立てる人も多いかと思います。

そして、明らかに達成できる目標を立てる人と、かなり頑張らないと達成できない目標を立てる人など様々です。

達成できる目標を立て、それが達成できた自分をとても快感であり、居心地がいいという面もあるので、それ自体は否定できません。

ところが、上手くいく人は、明らかにその基準がとても高いのです。

100パーセントの力ではまず達成できない目標を立て、いかに達成できるかを検討し、行動に移しています。達成できれば成長につながります。

このように常にチャレンジしているのです。1年の目標ならば、現状維持という発想ではなく、昨年よりもさらに成長しようという意思表示を表しています。

サラリーマン時代から全ての基準設定には、自分より高いものを持つように心がけましょう。そして、そのように基準の高い人と付き合うことで自らの基準を見直すようにしてください。

これが、成功する起業家になるための第一歩と言えるのです。


説明会について 費用 

★最後に一言★

居心地の悪さに快感を覚えれば、あなたの成功は目の前です!

LINEで送る
Pocket