【社会人サークルの運営にも活かせる】お客様に満足していただく為に簡単に出来る大事な事

LINEで送る
Pocket

満足

当たり前のことをしっかりやる

お客様の満足を損なわない最低限のサービスを続け続けることが信頼へと繋がります。

不満足要因を作らないようにする

満足お客様の接客に対する反応には

「感謝」

「感激」

「感動」

「喜び」

「満足」

「不満足」

「被害者意識」

があります。

この中で目指すべき最大のゴールは、やはりお客様に「感謝」していただくことです。

「感謝」していただくために、まず大切なことは不満足要因を作らないということです。

何か特別なことをするのではありません。ただ、当たり前のことを徹底するということです。

「良い口コミ」と「悪い口コミ」を比較した時に「悪い口コミ」は「良い口コミ」の20倍以上のスピードで広まって行くという研究結果があるのをご存知でしょうか?

ですので、まずは悪い口コミを広げないように、当たり前のことをきちんと積み重ねていくことが重要です。当たり前の積み重ねがお店に対する信頼へと繋がっていくのです。

基本は QSCの3つ

QSC常にチェックしておくべき当たり前のこととして QSCが挙げられます。

Q(クオリティ)は商品の品質

S(サービス) はサービス

C(クレンリネス)は清掃

です。これらの効果は掛け算であるとも言われます。足し算ではなく掛け算ということが大とても事です。

例えば、どれだけ素晴らしい笑顔(サービスが100点)で接したとしても、料理の中に異物が入っていたら(クオリティ0点)となり、掛け算をすれば100×0=0。

それだけでお客様は二度と来てくれません。

また、どれだけ素晴らしい商品を扱っていても(クオリティ100点)虫がうじょうじょいるようなお店(クレンリネス0点)となり、掛け算をすれば100×0=0になり絶対に近づきたくありませんね。

つまり、QSC ではどこかに0点がついただけで全てが台無しとなってしまうのです。どの店にもマニュアルがあるものですが、これは QSC を満たすための行動指針です。マニュアルに営業開始前に「店前のゴミ拾いをする」いう項目があったとしましょう。それはクレンリネスを徹底し、お客様の不満足要因を減らすという目的を持っています。

お客様の信頼を損なわないためにも改めて QSC が設定できているかを確認してみましょう。

運営者養成講座

10-1 10-2 10-3

7-15

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容(必須)
上記の内容にお間違いがなければ、チェックを入れ送信してください。

★最後に一言★

QSCを覚えにくい方は

クッパ(Q)がすごい(S)静か(C)にしてるで覚えてみてはいかがでしょうか?(笑)

LINEで送る
Pocket